FunStage 本文へジャンプ
ファンステージ

【素朴なコラム】
ようこそファンステージへ。ちょっと幻想的、どこか懐かしい、そして自然の温もりが感じられるような、そんなコラムが書けたらと思っています。

【クラゲ】
夏の海にゆらりゆらりと水面を漂うクラゲ。流れに身をまかせ、ただただ波間を漂う日々。何にもできない無力な生き物だとお思いですか?いえいえ、そんなことはありません。実はクラゲは、5億年以上も前から海の中に暮らしていた、生きた化石なのです。たとえば生きた化石として有名なシーラカンス。彼らが誕生したのは4億年前のデボン紀ですから、クラゲの方がずっと先輩ということになります。

これだけ長い間、厳しい生存競争を生き抜いてきたからには、やはりそれなりの理由があるわけでして。クラゲの一番の武器、それは毒針をしこんだ触手。これがけっこう強力で、種類によってはハブにも負けないくらいの猛毒がしこまれているのですよ。クラゲ毒は血清がないので、刺されれば人だって危険です。困ったことに、息絶えたクラゲでも刺すって言うんですから油断なりません。こんな有様ですから、それはもう外敵だって、うかつには近寄れないってものです。

ところでクラゲが不思議なのはその構造にもあるんですよ。実はいつも見ているクラゲは、たくさんのクラゲの寄せ集めなんですね。どういうことかと言いますと、クラゲって言うのはポリプっていう、小さなクラゲが集まっていつも見慣れたクラゲの形を作ってるってわけなんです。ポリプは攻撃用のとか、繁殖用のとか、泳ぎ用とか、みんな役割が決まっていて、みんなが協力しないとクラゲは成り立たない。でもそうして5億年も滅びなかったってことは、それだけ理にかなっていたということなんでしょうね。

クラゲは今日も世界中の海を、ゆらゆらと流れていることでしょう。水面にも、海中にも、そして暗く冷たい、数千メートルの深海にさえ、無数のクラゲたちが、漂っているのです。



【コラム一覧】

イルカ



大自然の素晴らしさに触れるホームページ群

動物
ネミュー
自然幻想
水槽
観賞魚
熱帯魚飼育
ベタ
メダカ
アクアリウム
熱帯魚の飼い方
ネオンテトラ
生きた化石
デジスコ
CD制作秘話
小さな熱帯魚
イルカ ヤシの木 海岸線

癒しの水槽  水槽の魅力  水槽カタログ  水槽の選び方  水槽セットの楽しみ方


当サイトに掲載されている一切は著作権者の承諾なしに転載あるいは転用することはできません。
© copyright 2007 funstage.info OF JAPAN, LIMITED, All rights reserved